復活工房
   予約・問い合わせ (045)961−9793
お休みの日にちを確認してお電話ください!
全国なんでも電話相談窓口 (随時受付中)                       produced by technical shop asist
TOP
お店の情報
送料
注文方法
カゴの中
お店からのお知らせ
Mail

新タンク錆取り・コーティング
錆取りもやればやるほど、進化しますので、最新バージョンを製作しました、錆にも種類があることも分かってきましたし、対処の仕方も当然違ってきます、外国のバイクなどでは、コーティングなどは、新車から施されている物もあります、ガソリンは元々油分を取り除きますので、錆びはつきものです   旧タンク錆取り

画像
コメント
 まずは、錆びの状態を確認します
 タンクの傷なども確認します、穴のあきそうな箇所などは、指で
 押して、鉄板が薄くなっているところを、探します

 錆びは、全面に有ります、錆取りは2回に分けて、下側と上側に 分けてやります

 ガソリンは寸前まで入っていたようで、湿っている状態です
 かなり臭います
 タンク内部の、アップ画像です
 どうやら錆が食い込んでいる状態ではなさそうです

 一律に表面が錆びているようです

 錆が食い込んでいる状態とは、錆取り後に表面がアバタ状態に
 仕上がります
 コックと燃料計を外します

 燃料計は、使用不能です、コックはとりあえず、オーバーホール
 してみるとします

 取り付けたまま、錆取りは出来ません

 コックはアルミ合金ですので、溶けてしまいます
 燃料計は、鉄板が薄いので、この状態だと、穴が開くか
 形がなくなります
 最初の作業が、タンク内の乾燥をします

 使用しているのは、布団乾燥機です、最初の頃は、ドライヤー
 など、あるものでやっていましたが、安定しないのでよく転がって
 仕事してくれませんでした

 錆取りのサービスが,起動に乗り始めた頃からは、布団乾燥機
 を導入しました、タイマーも付いているし、使い勝手がいいです
 乾燥が終わると、エアーで錆を飛ばします
 これは重要な作業です、何故かと言うと、いきなり錆取り剤を
 入れるよりかは格段に作業時間が、短縮されます

 錆が舞いますので、先の長いエアーガンを使用します
 マスクも忘れずに着用します、しないと、鼻の中まで錆びだらけに なります

 エアーだけでは、取りきれませんので、タンク内を水で流して
 しつこく取り除きます
 ちなみに、タンクから出た錆びは、100g程度でした
 錆取り剤を入れる前に、冶具を製作します
 燃料計の穴の部分です、当店に合うものが無かったので、製作し ました

 
 もし燃料計が使用不能である場合には、タンク内の部分を切り取 って使用することも出来ます
 燃料コックは、フィルターの部分を外して、ゴム板を取り付けて
 メクラ蓋として、取り付けます
 錆取り剤に漬け込みます
 タンク容量より大きいコンテナBOXの上で、錆取りを開始します

 コンテナとタンクの間には、スポンジを貼り付けてあります
 滑り防止と傷つけ防止のためです
 上側の錆を取る為に、燃料キャップの部分の冶具を製作します
 タンクより下側に穴がある場合には、三角の部分を丸く切る必要
 があります

 下側にタンクに引っかかる金具を取り付けて、ネジで締め上げる  ようにしてあります、当然ゴム板を間に入れてあります

 取り付けたらタンクをさかさまにします
 このときに、コンテナに取り付けたスポンジが、役に立ちます
 滑りません
 錆取りが終了したら、水洗いして、錆を取り出します
 当店の錆取り剤は、酸性なのでアルカリ洗剤を入れて水洗いしま す、ただの水洗いだと、錆びの発生が早いです

 泡が出なくなるまで、水を入れて振り回します

 基本的に錆が出なくなるまで、続けます
 腰の駄目な、おっちゃんには、たいへんきつい作業です
 錆取り後の画像です、アバタもなくきれいに錆が取れています
 最後の乾燥作業です
 水気を完全に除去します

 乾燥終了後、エアーで残った錆を飛ばします
 使用した、錆取り剤とコーティング剤です

 コーティングは、経験が必要です
 ほとんどイメージで作業します、コーティング剤の流れる速度を
 確認してから、始めます

 蓋をするのはガムテープで出来ます
 ゆっくりと回しながら、まんべんなくコーティングしていきます

 終わったら残りのコーティング剤をある程度残して取り出します
 ある程度と言うのは、タンクのそこの部分の部分に溜めて、錆び  の一番出る場所を、厚くしてやります、乾燥して終わります
コーティングに関しては、いらないタンクで、いらないペンキを使って練習していました、コーティングした後に、ちょん切って中を確認して、何回もやりました
タンクキャップ部分などは、ハケ塗りとなります、コックのネジ部は、乾燥後タップで仕上げます
最後にタンクを磨き上げて終了となります



トップへ
戻る


Copyright (C)2001〜 復活工房 All rights reserved